ゆめたま

パシリやっています

2015.03.12 update

それでも やっぱり 

一緒にいようよ と やって来て 
ずぅっと 待っていてくれる 

ペットが家族を選ぶことは 
偉い大学の先生方の 研究にもあり 
やっぱりね~ 

動物だけでなく 
植物も 微生物も 石も ひとと一緒にいて 

ほら 最近は クマムシも 
携帯やバッグのアクセサリーとなって 

ずぅっと 
ひとが 気づいていくのを 待っている 

どうしても 
アニマルボディートークを やるべし!
と たまが薦めてくれた2009年  

それからの日本の状況は ご存じのとおり 

エネルギーを整えるために 
日本に ぜったい必要だから  
と ニホンオオカミがぐんと押してくれた 2012年 

それからというもの ゆめたまは 
動物たちのパシリ やっています 

アニマルボディートークのセッションでは 
もはや身体を持たない かれらが 

いまでもずぅっと 崇高なサポートを 
大切なひとへと 続けていて 

セッションをさせていただくたびに 
感謝 謙虚 感動 涙 

だから 今日は 敢えて発言します 

ひとの環境や 心身にあった 
こまったもんだのエネルギーを 

かれらが 
せっせと 肩代わりしたり 
新しく整えようと 努めているんです 

それは これまでもずぅっとやってきた 
けれど 
これからは 一緒にやりたいよね 

気づいてよね と 
じぃ~っと そばにいてくれるんです 

アニマルボディートークのセッションで感じられる 
見えない高潔なエネルギーが 
かれら そのものです 

関連記事

Prev : 月がとっても
 
嬉しい夜 : Next