ゆめたま

再会・シンガポールの日本人獣医さん

2012.06.06 update

ゆめたま・ホリスティックセラピーサロン

空につきさす ごりごりばりばり響く音で降りてきた 

救急ヘリ 右側は待っていた救急車 

ハートセンターの方角へ 走って行きました 

ヒトも 動物も たいへんな時はあっても 

一生懸命 助ける努力する存在がいるんだね 

と 散歩しつつ思っていると 

2月に シンガポールでお会いした 

日本人ホリスティック獣医さん 

竹内さやか先生から お電話をいただきました 

院長Dr. Lyと フランス人獣医さんと 

研修のため来日中とのこと 

ホリスティック獣医療を いかに実施していくか 

熱~い会話の中に お邪魔させていただきました 

ホリスティック獣医療の中に 

ボディートークをどのように活用しているか Dr. Lyのお話をうかがい 

ゆめたまが実施した症例もお話しました 

じっくりやっていきましょうね 

竹内さやか先生からは 

獣医を目指すきっかけとなった 6歳の時の体験や 

診療で 動物たちが助かっていく 喜びのお話も 

愛犬ジャスティン君(ゴールデンレトリバー)のことを話されるときは 

ぽかぽか愛情ゆたかな飼い主さん 

瞳がきらきら輝いていましたよ 

飼い主の気持ちもよぉ~くわかっていただける 

いまのお仕事にも集中されているうえに 

動物の鍼灸 Tタッチなどなど 

もっともっと学びたい意欲が ハートに燃え盛ってます 

世界中のホリスティック獣医療の お話もされて  

動物と人と一緒に しあわせな地球になるよねって嬉しくなりました 

ゆめたまも 動物と人へのボディートークを続けます 

今日は 猫さんのセッションでした 

関連記事