ゆめたま

遠距離介護のしあわせ

2012.07.13 update

ゆめたま・ホリスティックセラピーサロン

実家の母の 膝の人工関節手術は

一昨日午前中に 無事すみ

先ほどの携帯留守電には

「あなた!お見舞いにいただいた○○を どこにやったの!?」

という大きな声が・・・ハハハ いつもどおり 

笑えるってスゴイことです

母の年齢 体には循環器系のテーマとあるんで

総合病院での入院・手術となったんです が・・・

手術後の夕方 回診にいらした担当医師が

「不思議です 出血がほとんどない

 痛みも とても少ないようですね」

リハビリ担当の理学療法士が

「ふつう 次の日まで うなるほど痛がるんですが」

といって 翌日からリハビリ始まりました

「痛いです~」と母は言いながら 動きの新鮮さを感じつつ

お若い理学療法士さんとの おしゃべりを楽しむようす

母へのボディートークをお願いいたしました

IBA認定ボディートーク施術士さんに

大感謝です 心からぺこり!

入院準備やら あれやらこれやら忙しかったので

母へのセッションをお願いしております

お願いしっぱなしだけでなく

入院すると 手術前には 担当医・麻酔医・理学療法士から

あらゆる可能性の あっちからこっちまでの話を聞きます

こんなに医学的情報たっぷりといただいちゃって もったいない

セッションやってみました

ミルトン・エリクソンや 

麻酔アレルギーの方の手術への催眠や

意識って~というおぼろげな認識も 想いだしながらです

今日の母のとんちんかんは 相変わらず笑わせてくれる

体温や血圧がまだ不安定なのは そんなもんだろう

なにがスゴイんだろう

なにも心配することもなくいられる ありがたさ

母ほんにんが ゆったり流れに乗っていることを

感じられる

そんなスゴさですね

それと 家族の中にある関係性のエネルギーが

ほんわりと変化していっています

タイムラインの流れに乗って

関連記事