ゆめたま

暑い!ときのバッチフラワーレメディー保存方法

2012.08.06 update

ゆめたま・ホリスティックセラピーサロン

部屋が暑いので レメディーの保存は どうしたらよいでしょうか?

クライアントさんから ご質問のメールをいただきました

働く女性も愛用している バッチフラワーレメディーやエッセンスは

真夏の暑い時間帯に おうちで留守番しています

お住まいによっては 締め切った部屋の温度はかなり高くるかも

日本フラワーレメディーセンターの白石先生が

エインズワース社に問い合わせてくださいました

要約してお伝えいたします

 

  ☆     ☆     ☆

エインズワース社から すぐにお返事があって

それも 社主のTony Pinkusさんから直々のお返事を頂きました

日本フラワーレメディーセンターのHPにも載っている
素敵な笑顔の方です

☆ 温度は、Max30度ぐらいが望ましい

☆ 冷暗所(直射日光が当たらず、暑くなりすぎないところ)に置いて欲しい

☆ 冷蔵庫でも問題はありません

  ☆     ☆     ☆
レメディーやエッセンスには 

主にアルコールと塩が 保存料として使用されています

エアコンをつけないと 部屋の温度はどのくらいになるかしら・・・と

お休みのときに ちょっと感じてみてくださいね

冷蔵庫で保管されても 大丈夫です

画像をとりましょっ!と

冷蔵庫のお掃除も できました

すっきりさっぱり・・・このスペースには スイカ冷やしたいっ

バッチフラワーレメディー・ボディートーク・NLP・インディゴエッセンスのセッションは

ゆめたま@鎌倉・神奈川

http://yumetama.info/

0467-38-6930

080-3503-1811

info@yumetama.info

yumetamalove@gmail.com

お申込みフォーム

https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01133670

バッチフラワーレメディーの購入は

http://yumetama.info/?mode=cate&cbid=994215&csid=0

関連記事