ゆめたま

アニマルボディートーク再々受講

2013.10.02 update

ゆめたま・ホリスティックセラピーサロン

 ボディートークをすれば治ります 

ルーシャ・ジェイコブ先生に言われたその時には全く信じていませんでした 

アニマルボディートークアクセスセミナー 2010年だったかなぁ 

たまはシンガポールのペットショップの売れ残りで 生後7か月でうちに来たんです 

が 昼も夜も吠え続け 家中のものを噛み続け 人も犬もこわがる 

日本に帰国してから少しはましにはなってきたけど 

どうしようもないのかな~とあきらめ半分 だけど~

ボディートークのセッションしていただいたり 自分で学んだりしても 

なんだか信じきれない もうこれ以上学ぶのはやめようかと迷っていた 2012年1月 

いつもどおりの散歩に行って やめようか どうしようか やめようか どうしようか 

ぐるぐると考え続けて歩いていたら 

浜辺のずぅ~っと向こうから ゴールデンレトリバーがどすどすと走って来て 

 ボディートーク!

と 言ったんです 

うそだろ まさか そんなばかな 

また別の日 山の公園で散歩していると 「待て~!」という声がする 

ラブラドールレトリバーが ひゅ~っとやって来て 目の前にきちんと座ると 

 ボディートーク!

と 言ってすぐ飼い主さんに捕まえられてしまいました 

それ以来 猪突猛進で学んできたボディートークの 

ルーシャ・ジェイコブ先生のアニマル・ボディートーク受講は3回目になりました   

セミナーではセッション実習があり ご協力いただける方々が 

大切なペットさんを連れてきてくださいます 

ふだん動物へのセッションもしているので 特に緊張もせずにわんこさんとのセッション練習に入ると 

そのわんこさんからの 伝えたいメッセージが はるかに予想を超えた微細な波長でやってきて 

彼女の持つ 世界をくるむような広大な意図と ひとを育む意識の高さに 

ぐわぁ~んと圧倒されつつ包まれて 導かれるままのセッションをした感じがします 

Linking Awareness スマトラの象さんから感じさせていただいた 

あのど真ん中のエネルギーを ペットたちは いま日本でも伝えている 

この餌はいやだ もっと遊んでくれ なんてこともあるかもしれないけれど 

そんなことをも 

とんでもなく超えたことを いっちばん伝えている 

ハートのど真ん中に 誠実にあること 

ボディートークに導いてくれたたまに 深く感謝 

ルーシャ・ジェイコブ先生に感謝 

いま読んでくださっている あなたに感謝 

関連記事