ゆめたま

CAN! BodyTalk in Singapore 獣医と協力するボディートーク

2012.03.03 update

ゆめたま・ホリスティックセラピーサロン

Lucia さんです!

初めましてなんて 信じられない!

大きな笑顔と ハグっでのお迎え!

とっても安心できる なんだか不思議

えっとね えっと~ 嬉しくて興奮して

むちゃくちゃな私の英語を 優しく辛抱強く受け止めてくれます

獣医さんと協力して 動物と人にボディートークをしている

CBP(ボディートーク・プラクティショナー)が シンガポールにいる

と ルーシャ先生に聞いて

会いたい!って 思い込んだら脱兎のごとく・・・行っちゃいまして

会えました セッションも受けましたよ しあわせ~

Luciaさん は シンガポール動物園に4年間勤めた後

この Animal Recovery Veterinary Centre に来ました

画像の部屋は 獣医院の2階にある 彼女のセッションルームです

ここで

ボディートークのセッションを 動物や飼い主さんにしています

動物たちと 飼い主さんたちとの

エネルギーバランスをとることで 両者とも良くなっていく

つい最近も

ボディートーク・セッションを わんこと 飼い主さんと 両方にしたところ

わんこの問題行動が がらりと改善され

飼い主さん自身も より自信を持って生きるようになれた

そんな症例を話してくれました

獣医さんとの協力は 獣医さんが まず診察をして

必要だと判断した ペットと飼い主さんに

ボディートークを すすめるそうです

Animal Recovery Centre の院長さんはじめ 獣医さんたちで3人も!

ボディートークの モジュール1・2を受講されたそうで

ここの獣医さんたちは

より良い診察をすることに 非常に意欲的だそうです

その上 ほんとにこれは予想してなくて

ど!びっくり!

「日本人の獣医がいるわよ ここに」 というふうに聞こえたぞ

えええっ~~!!ここに!?シンガポールに!それも ここに?

日本人のホリスティック獣医さんが いるのぉ!?

夢みたいっ!

ホリスティック獣医さんと ボディートークのCBPと

日本語で話を聞いてくれる獣医さんが いるなんて

シンガポールで ペットと暮らしやすくなっていきますね

もうひとつ Lucia さんは

バイオレゾナンスという 波動測定する機械で

ペットのアレルギー物質を 特定することもしています

アレルギーのあるペットへ フードの相談もしています

(このフード 見本もらって試しました いいウンチになります!)

獣医院のご案内は 下記のとおりです

シンガポール内で 3か所あるうち

Lucia さんがいるのは Balestier Road の獣医院です

Animal Recovery Veterinary Centre
288 Balestier Road #01-01, Singapore 329731
T: +65 6252 2623 F: +65 6252 2836
* 24 Hours Emergency Hotline
* Hospitalization

Operating Hours:
Monday – Sunday:
10am to 12pm, 3pm to 8pm
Closed on Alternate Wednesday and Public Holidays

* All consultations are by appointment only.

Lucia さんのHPは

http://www.natural-connexion.com/index.html

人へのボディートークがメインのCBPとして

Irene Khorさんも ご紹介します

NLPも学ばれた 素敵な方ですよ  バタムでお会いしました

http://www.awakeningtouch.com.sg/

お二人ともに

ブログでご紹介することを 承諾していただいています

さて 獣医さんのご紹介は 明日に続く

Moving Up and Down

2012.02.11 update

まことに濃密な一瞬一瞬を 過ごしております

昨日と今日とは こんなに違って新しいんもんなんですね

孤児院だけでなく さらに インドネシアの工場で働く

若者たちの学習グループも 訪問先に加わり

ボディートークアクセスの 効果について

インドネシアの若者たちの 感想を聞くこともできました

よく眠れたそうです

続けてやっていってほしいな

よく働き よく学ぶ よくしゃべる それには

健康が一番なんだからね

また 

何日も一緒に 行動していると

コースに参加している若者たちの英語は ぐんぐん早口になっていって

あまりにあっけにとられて 私がぼぉ~っと聞いているもんで

「どうやって英語をわかっているの?」

と尋ねられました

言葉がでてくるときの雰囲気と その感情を感じ取って

少しは知っている英語の いいまわし

これを基に 推測するのである と答えました

話すときは

文法ぶっとんでしまっていて

時制めちゃくちゃに やっております

これができるのも 

お互いに理解しよう という姿勢がある場のおかげです

既にラポールありき そして

場のステートを設定している リーダーがいるからですね

ヒッポファミリークラブの 高校交換留学の話を聞いて

いいなぁ 行きたいなぁって思っていたから

こんなチャンスに めぐり合って飛び込むことができるんだね

望みは 願ってみるもんです

シンガポールで 獣医さんと協力して働く

ボディートークプラクティショナーにも 会えることになってます

お楽しみに