ゆめたま

ペットからのプレゼント

2010.12.28 update

|ホリスティックセラピーサロン・ゆめたま|鎌倉駅より徒歩8分・NLP・バッチフラワーレメディ・野口整体・ドッグヒーリング・レイキ|-cerato

私は獣医として働いているが、ある日ベルカーという名前の

10歳になるウルフハウンドを診るために呼ばれた。

主人のロン、その妻のリサ、そして小さな息子のシェインは

3人ともベルカーが大好きで、何らかの奇跡が起こってくれないかと期待していた。

ベルカーを診察してみると、ガンで余命わずかであることがわかった。

もうベルカーは手遅れなことを家族に伝え、家庭で安楽死させる選択肢があると伝えた。

各種手続きを取っていると、夫婦は6歳の息子シェインにもその処置を

見せるつもりだと私に言ってきた。シェインがその経験によって、

何か学ぶものがあるかもしれないと感じたようだ。

その翌日、私はベルカーの家族に囲まれながら、喉に何かひっかかる

ようなものを感じていた。歳を重ねた犬に最後の抱擁をするシェインは

落ち着いているように見え、私はこの子が状況を理解できているのか疑問に感じていた。

数分のうちにベルカーは安らかに、眠るように息を引き取った。

シェインはベルカーの変化を特に混乱することもなく、難なく受け入れたようだった。

私たちはベルカーの死後、しばらくそこに座り、動物の命が

人間のものより短いという、悲しい現実について話しあった。

静かに話を聞いていたシェインが突然、「どういうことか、わかるよ」

と言った。

私たちは驚き、全員が彼の方を向いた。

彼がその時に放った言葉は私を驚かせた。それまで、これほど心地よい

説明を聴いたことがなかったからだ。

彼はこう言ったのだ。

「人は、いい人生の過ごし方を学ぶために生まれてくるよね?

いつもみんなを愛することとか、人に優しくすることとか。だよね?」

そして、その6歳の少年は続けた。

「ほら、犬はもうそれをすでに知ってるんだから、そんなに長いこと、

この世にいなくていいんだ」

(らばQ より転載)

関連記事